東武鉄道の保安装置

東武式ATS

東武では、信号機の手前二箇所、直下P1地上子と180m外方のP2地上子があります。
現示が注意もしくは警戒の場合、P2地上子から85~95→60km/h(貨物は65→35km/h)のパターンが発生し、速度照査を行います。
現示が停止の場合は、P2地上子から60km/h→15km/h(同、35→8km/h)のパターンが発生します。R現示の絶対信号機のP1地上子を踏むと、非常ブレーキが動作します。
発生したパターンに当たると非常ブレーキが動作します。停止現示を超えたときは、復帰動作をすると、15km/hの制限で運転の継続ができます。
また、進行現示でも車種によって速度制限はあり、7km/h超過すると非常ブレーキが動作します(100系は120km/h、200系は110km/h、8000系は100km/h、5000系は95km/h等)
ただし、閉塞が短くて、P2地上子で非常がかかっても間に合わない場合、注意・警戒現示の360m外方にP3地上子を置き、85~95km/hの制限を超えていた場合に非常がかかるようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*