名古屋鉄道の保安装置

M式ATS

車上タイマ式で、信号直下および任意の場所で速度照査を行います。
信号機による速度照査は減速85km/h、注意65km/h、警戒25km/hの三段階で、その他においても速度照査の設定ができます。例えば神宮前駅は、手動踏切がある関係で50km/h、30km/hの照査を行っていました。
地上子は進行右寄りに二個セットになっており、速度超過(+5km/h?)すると非常ブレーキが動作します。(タイマは0.5秒)
停止信号の直下に絶対停止は存在せず、15km/hで照査を行っているようです(推定)。
停止信号で一分間停止後は、15km/hでの運転継続が認められています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*