京阪電鉄の保安装置

京阪のATSは地上タイマによる点照査です。
速度照査地上子にて、カーブでは10km/h、分岐器では2km/h、信号では1km/h以上超過すると警報が鳴動して非常ブレーキが動作(デッドマンと呼称)します。
また、キーを差し込まずに逆転器、マスコンを操作したときも同様の動作となります。
減速信号65km/h、注意信号45km/h、警戒信号25km/hのほか、警戒現示が無い場合も25km/h照査が、停止信号手前に15km/h照査があります。
(停止位置手前に、誤通過防止用の15km/h照査がある駅もあります)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*